1. ホーム
  2. 住宅をなるべく高く売却

住宅をなるべく高く売却

集合住宅

住宅の処分方法

今でも住宅を購入した時には、住宅ローンを組む方が多いのですが、長期間の返済期間の中でどうしても住宅ローンを払えなくなることがあります。その時には残額を一度に払う必要があるのですが、なかなかそういった資金を調達できないことが多いのです。そういった方々の資金調達の選択肢として、任意売却という方法があり、住宅は手放すもののの住宅ローンを完済に近い形にすることができるのです。任意売却に至るまでの流れですが、大体が住宅ローンの支払いが難しくなるか、滞ってきた場合に督促状が発行されるようになります。この住宅ローン対応が3か月以上になってくると、書面で期限の利益喪失の状態になったと連絡がありますが、これは支払いができていませんという警告になります。この状態になると、ローンを組んだ金融機関は債権者に対して、一括で支払いを求めることになってきます。この時の債権者は、金融機関が設定している保証会社だったり、住宅金融支援機構だったりしますが、これは契約状況によってきます。ここまでくると任意売却を選択することになってくることになり、債権者から連絡があり合意をすることで任意売却に進んでいきます。任意売却時の価格はその時の市場価格によりますので、住宅ローンが全額カバーできる可能性はその時次第なのですが、ほとんどカバーできるといってよいのです。このように返済期間が長い住宅ローンについて、万が一返済できなくなった時には任意売却という手段があるのです。